太陽

インターネット予約※初診の方もご利用頂けます。

風船

気球

小児科・予防接種・健診

風船

気球

小児科・予防接種・健診

診療時間

鳥と雲

診療時間
午前診
9:00〜12:00
予約外来
14:00〜16:00
午後診
17:00〜19:00

予約外来(予約制):…予防接種、健診…慢性疾患

休診日
水、土曜の午後・日曜・祝日

家と木

当日の診療予約

当クリニックでは、院内での待ち時間を短縮するため、初診の方でもパソコンやスマートフォン、
携帯電話から順番予約・確認ができる順番予約システムを導入しています。

インターネット予約受付時間

  • 午前診療 6:00〜11:30
  • 午後診療 6:00〜18:30

予約ホームページのアドレス

初診の方もご利用頂けます!

http://ssc2.doctorqube.com/
nakao-kodomo/

初診の方もご利用頂けます。

※予防接種は月曜・木曜の14:00〜16:00に行っています。

※予防接種は月曜・木曜の14:00〜16:00に行っています。

窓口での予約受付時間

  • 午前診療 9:00〜12:00
  • 午後診療 17:00〜19:00

風船

はじめて受診される時には下記のものをご持参ください。

はじめて受診される時には下記のものをご持参ください。

1
健康保険証
健康保険証は毎月確認させていただきます。恐れ入りますが、その都度ご持参ください。
2
他院での紹介状・検査結果
他の医療機関で検査を受けられた結果をお持ちの場合には、その検査結果をできるだけお持ちください。
また紹介状をお持ちの場合には必ずご持参ください。
3
お薬手帳
他の医療機関で何かお薬を処方されている場合には、できればお薬手帳か薬自体をご持参ください。

一般小児科診療

一般小児科外来では突然の発熱や発疹などの感染症、
アトピー性皮膚炎や食物アレルギー、気管支喘息などの疾患を診ていきます。
ご家族が、いつもと違うと不安に感じられた症状があれば診察させていただきます。
診察におうじて、血液検査、尿検査、各種迅速検査を施行させていただきます。

  • 血液検査機

    血液検査機

  • ネブライザー(吸入器)

    ネブライザー(吸入器)

予防接種

当クリニックでは予防接種を毎週月曜・木曜の14:00〜16:00までの間、一般の診療と分けて時間をとって行っています。
原則すべて予約制となっておりますので、事前にインターネットにてご予約のうえ、ご来院ください。

保険証と母子手帳
※必ず保険証と母子手帳をご持参ください。

予防接種とはワクチン(生ワクチン:生きた病原体の病原性を弱めたもの、不活化ワクチン:免疫をつけるのに必要な成分を病原体から取り出し、可能な限り毒性をなくしたのもの、トキソイド:細菌が産生する毒素だけを取り出して毒性を弱めたもの)を接種して、免疫(病気に対する抵抗力)をつくることにより、発病を予防したり、症状を軽くしたりする方法です。

当院で接種可能なワクチン

定期接種
不活化ワクチンHibワクチン
不活化ワクチン小児肺炎球菌ワクチン
不活化ワクチン四種混合ワクチン
不活化ワクチン二種混合ワクチン
生ワクチン水痘ワクチン
生ワクチンMRワクチン
不活化ワクチン日本脳炎ワクチン
任意接種
生ワクチンロタワクチン(ロタリックス)
不活化ワクチンB型肝炎ワクチン
生ワクチンおたふくかぜワクチン
不活化ワクチンインフルエンザワクチン

茨木市の予防接種については茨木市予防接種ページをご参照ください。

茨木市予防接種ページ

予防接種のスケジュールについてはKnow★VPD!のホームページをご覧ください。

Know★VPD!

乳幼児健診

当クリニックでは乳幼児健診を毎週月曜・木曜の14:00〜14:30までの間、一般の診療と分けて時間をとって行っています。
お子様の心や身体が健やかに成長されるよう、正常な発育をしているか確かめます。
予約制となっておりますので、事前にインターネットにてご予約ください。

保険証と母子手帳
※必ず保険証と母子手帳をご持参ください。

低身長・夜尿

低身長

背が低いことを気にされている方は一度受診してみてください。低身長の原因となる病気のなかには治療が可能なものもあります。 検査や治療をおこなうかも、おひとり、おひとりに合わせて治療のご相談をさせていただきます。受診される際には、母子手帳と今までの身長の経過がございましたら、持参してください。

夜尿

夜寝ている間に無意識におしっこをしてしまうのを幼児期であればおねしょと言いますが、5〜6歳になっても続く場合を夜尿症というのが一般的です。
夜尿症の多くは自然軽快していくことが多く、また夜尿症が身体に悪影響を及ぼすことはありません。
しかし、夜尿が学齢期まで持続している場合には、夜尿をしていることでお子さまが自信をなくし、心理面、社会面にいろいろな影響を与えることがあります。
そのため、なるべく早く治療してあげた方がよい場合もあります。ですので、おひとり、おひとりの状況におうじて治療のご相談をさせていただきます。

はじめて受診される方は、最初にいろいろとお話しをさせていただきますので、初診時のみ予約外来にきていただきたいと思います。
そのため、お手数をおかけしますが、一度お電話をお願いします。

アレルギー

食物アレルギー、気管支ぜん息、アトピー性皮膚炎、じんましんなどアレルギー性疾患全般を診察させていただきます。
それぞれの病状、ライフスタイルに合わせた正しい生活指導、食事指導、スキンケア指導、お薬の指導(吸入療法、その他)をおこないます。